So-net無料ブログ作成
検索選択

ss『お帰りください、お狐さま 4』

今回で憑き物狐も終りになります。^^
お付き合いいただき、ありがとうございました。

『お帰りください、お狐さま 4』


(本当に……やっちゃうんだ……)
 淫らに開かれた女性器を前に、耕太は生唾を飲み込む。
散々焦らされた肉棒はズキズキ痛むほど膨張し、膨らん だ睾丸の中では、煮えたぎった精液が放出を求めて渦巻いている。
しかし、ここまでしながら、さすがに最後の一線を越え るのには、まだかすかな抵抗があった。
肉ひだの奥で小さな穴がパクパクとひくつき、まるで餌 を誘い込むいやらしい唇のように見えた。
 ここに入れて、気持ちよくなりたい……。雄の本能と母を取り返すとい う大義名分が、理性と罪悪感を押しのけていうく。
耕太は無意識に、女性器へ身をにじりよせ、いざ挿入せ んと股間の肉棒を握る。途端に、その太さに改めて驚いた。
(ああっ!そうだった!)
狐によって、過剰に大きくされてしまった自分の股間へ と、耕太は視線を落とす。こんな小さな穴に果たしてこれが入るのか。みるからにサイズが違う。いや、普通のおちんちんだって、こんなに小 さくないはずだ。
「ん? どうした、何をためらっておる?」
「だって……おちんちんは大きくされちゃったのに、穴は小さいままだ し……もしかして、この穴じゃないの?」
 蠢き蜜を垂らしている穴を、ちょんと指でつつくと、むっちりした太腿 がヒクンと震えた。
「ぁんっ! そこでよい……ぁふ……初物は良いが、やはり手がかかる のぅ」
狐神は耕太の手に自分の手を重ね添え、極太の性器を引 き寄せた。小さな穴に接触すると、粘った水音がたつ。
「うあっ!?」
 先端をくわえ込む濡れた粘膜の熱さと、柔らかさに驚いた。さっき舐め たはずなのに、敏感なおちんちんの先で触っているせいか、感じかたがまるで違う。
狐に導かれるまま、押し付けながら数度上下させる。縦 に割り開かれる濡れそぼった肉唇が、亀頭へとチュウチュウ吸い付き、先端を粘膜でこすられる感覚に、早くも腰が溶けそうになった。
もう少しで爆発できるというように、睾丸から熱い脈流 が昇ってくる。
「あ、あ、あ……」
「まだ出すでないぞ、辛抱せい」
「くぅぅっ!! う、うん……」
 念を押され、必死に歯をくいしばり、腹筋に力を入れて堪えた。
「ほれ、んんっ、ふ……っ」
ズブリと肉棒の先端が埋まる。小さな穴は、驚くほど柔 軟に口をあけ、ねっとりと太い肉棒を咥え込みはじめた。
突き入れた耕太の性器全体を、ヌメヌメとした生暖かい 壁が包み込む。
これが生きた洞穴という証拠に肉壁は蠢き、迎え入れた 耕太の性器を愛撫しはじめた。熱い口腔粘膜とも違う、ざらついたひだの多い膣肉は、柔らかいくせにキュウキュウと締め付る。
「うぅっ……はぅ……はっ、きもちいいよ……っ」
 初めての挿入快楽は、強烈だった。熟した膣肉の味わいに、耕太は顔を 仰け反らせて喘ぐ。
長太い陰茎はまだ三分の一ほど露出しており、夢中で腰 を進めれば、ぐじゅっと濡れ音をたて、一気に根元まで蜜壷へと吸い込まれていく。
おちんちんが蕩けてなくなるんじゃないかと思うほど、 母の肉洞は熱くここちよかった。
少し動かしただけで、蜜にまみれた粘膜から粘ついた音が大きくたつ。
「ああぁ……く……奥に、あたるっ!」
狐神が叫んだ。快楽に身を捩り、恍惚の声で喘ぐ女の首 筋には、汗がいく筋も流れている。ゆれ弾む乳房にも大量の汗が噴き出て、ぬらぬらと照り光っていた。
 耕太の下で柳腰が悶えるたび、肉ひだがきゅっきゅと陰茎を絞り上げ る。結合部からは蜜がグチュグチュとあふれ出し、腰に巻きつけられた太腿に、ぎゅっと力が込められる。
突き入れた最初の衝撃をやりすごすと、耕太は本能的に 腰を動かし始めた。初めはぎこちなく上下するだけだったのが、次第に大胆になっていく。気遣いもテクニックも考えず、若さゆえのがむしゃ らな動きだ。
前後左右にと突き回し、先端が抜けそうなほどギリギリ まで引き抜き、一息に押し込む。母子の肉体のぶつかりあう音が、台所に激しく響く。
「ふぁぁっ! よい……ぬしの母も、悦んでおるわ……」
淫蕩に染まった声で、狐が唐突に告げた。
「はぁ……はぁ、おかあさんが……?」
「ふふ……身体の主が、感じなくては、食えぬからの……ああっ……!」
 ぎゅうっと胎内を締めつけられ、耕太はきつく目を瞑り呻いた。本格的 な放出ではないが、肉棒の先端からわずかに雫が飛び出した気がする。
(お母さんも気持ち良いなら……もっとやっても大丈夫だよね……)
目の前でタプンタプンと揺れ動く乳房をわし掴み、指を 食い込ませた。たっぷりした量感の柔らかい乳房を奥まで強く揉み込むと、蜜壷の中が歓喜するようにピクピク震える。
「んはぁぁっ!! はぁっ! あ、あ、あ……!」
喘ぎと共に入り口がきつく締まり、ひだの動きがいっそ う激しくなっていく。狂ったように身悶える姿を見ていると、優越感がわきあがってきた。
中身は違うとはいえ、自分が母をこんなに翻弄できるな ど思ってもみなかったし、こんな機会はもう二度とないだろう。
深く突き入れたまま座り込み、自由になった両手で二つ の乳房を同時に揉む。両の乳首を摘んで捻り上げると、高い悲鳴とともに、肉壁がビクビク痙攣した。
「うっ!!?? うあっ!?」
 思いがけない強烈な刺激に、耕太は目を剥いて背筋を仰け反らせた。
 もし腰を動かしてなどいたら、間違いなく今ので全部出してしまってい た。先端からはまた、中途半端な飛沫が飛び出す。
「び、びっくりした……はぁ……はぁ……くは……」
 乳首を離し、何度も深呼吸する。頭も腰もじんじん疼き、何も考えられ ない。ただただ、もっと気持ちよくなりたかった。
大きく喉を鳴らして唾をのみ、ピクピク痙攣している腰を両手で掴む。
 膣の突き当たり奥には小さな窄まりがあり、先端を強く押し当てなが ら、腰で円を描く用にこね回すと、唇のように吸い付いてくる。
「ううぅ……はぁ……きもちいいよぉ……」
 ぐりぐりとそこを責めつつ、耕太は再び盛大な肉鳴りたてながら、腰を 動かし始めた。

****

(ああっ……うぁ……中に入ってる……暴れてる……耕太のが……息子の がぁ……)
 恵美は身体の中で、罪悪感の戦慄きと快楽の喘ぎに責め立てられてい た。指一本も動かせない完璧な受身状況であるから、挿入は自分の望みではないと言える。
しかし、確実に快楽を貪っている事実だけは、否定でき なかった。
(くぅぅっ! あひっ、ああっ!! くはぁっ! だめぇっ、く……子宮 口……そんな激しく……っ!!)
 巨根にされたイチモツが腹の中で暴れると、外側からでもわかるほど下 腹の形が変わる。
十分すぎるほど濡れているとはいえ、普通なら感じるど ころか痛みに泣き叫ぶだろう。しかし、これも狐の妖しい力なのか、痛みは欠片もなく、凄まじい愉悦だけが恵美を襲う。
「あぐっ!! ふぁ、も、もう少し……ぞ……!」
 狐が呻き、膣内を押し広げる巨根が、更にムクムクと膨らんでいった。
(うぁっ!? う、嘘っ……!!???)
同時に、肉棒の先端に押され続けていた子宮口が、根負 けしたようにこじ開けられる。
 性交での侵略など皆無だった子宮口が、亀頭をずぶずぶと飲み込んでい く。壮絶な感覚に、恵美は絶叫した。
(くふあああっ!!! んあっ、あああああああ!!!)
 子宮が串刺しになり、脳髄まで揺さ振られる。そのまま奥の子宮壁をズ ンズンと突き上げられていく。
(あああああああああ!!!!!!! 壊れるっ!! 壊れちゃ うぅぅっ!!!!)
 巨根の猛襲に、本気で壊されてしまいそうだった。しかし、凄まじい行 為に、耕太の方もあっという間に登りつめる。
「あ、ああ、あ、も、だめ、出すっ、だすよっ!!」
(くひぃぃっ!!?? あああああ! 中に、だしちゃ、だ めぇぇぇぇっ!!!!!!)
 普通なら膣内射精を拒むセリフだ。しかし今からされるのは、それ以上 に深い位置での子宮内射精だった。
 奥の奥まで貫いた肉棒が膨らみ、一瞬のちには爆発する。同時に恵美の 肉体も、最上の快楽を貪っていた。
膣全体が激しく脈打ち、肉のリングのような子宮口が、 跳ね回る性器をしっかりと噛み咥える。亀頭先端から噴射された熱い液体が、子宮壁へ激しく叩きつけられていく。
子宮に直接そそぎこまれていく精液は、明かに普通の射 精ではありえない量だ。ドクドクと流れ続ける白濁は、いつになったら終わるのか見当もつかない。
(ぁ……ああぁ……)
 肉体であれば、恵美は白目を剥き舌をだらんと垂らして放心していただ ろう。
痺れきった下半身から、ずるりと肉棒が引き抜かれるの を感じた。口を薄く開いたままの膣孔と亀頭の先端を、細い精液の糸がつないでいる。しかし恵美がそれを見る前に、意識はブツンと途切れ た。

****

「よ……よかったぞ……久方ぶりに……まんぞく……したわ」
 くてりと床に倒れこんだまま、狐が荒い息のあいまから切れ切れに喘 ぐ。
 そして目を閉じると、全身の力が抜けたとでも言うように、動かなく なった。同時に母の身体から、あの光りが飛び出し、瞬く間に消えてしまった。
「お、お母さん!?」
 だるい身体に鞭打って、耕太が母を揺さぶると、口元からすぅすぅと穏 やかな寝息がこぼれている。
 どうやら熟睡しているだけのようだ。
 ホっとしたが、ふと周囲を見渡し、耕太は青ざめた。自分と母は全裸 で、脱ぎ散らかされた服が散乱している。二人の身体は勿論、床にも大量の精液や蜜が飛び散り、むんむんと異臭を放ちはじめていた。

……普通なら、こういう痕跡は、何もなかったように都合よく消えるもん じゃないか!?

(あ、あれだけのことが出来たなら、後片付けくらいしてってよ!! ど うすんだよ、これ!!)
 いなくなってしまった狐神に毒ついても、はじまらない。
「ど、どうしよう……」
時計を見れば、もう夕方の五時。あとニ時間以内には父 が帰宅する。
 狐が去ってしまった今、この惨状は母を助けるためだったと、どうやっ て証明できる?
母が起きれば証言してくれるだろうか? もし母が、自 分に起きたことを知らなかったとしたら……!!!!!
行為の間、恵美が内部で意識を保っていたことを知らな い耕太を、凄まじい恐怖が襲う。
極限まで追い詰められれば、人間たいていのことは出来 るらしい。
とても足腰が立ちそうになかったのに、耕太は脱兎のご とく洗面所にかけ、雑巾とバケツをひっつかんだ。

――そして。
「いつのまに寝ちゃったのかしら……」
目覚めた母は、どうやら何も覚えていないらしい。
「疲れてるんじゃない?」
いぶかしげに首をひねる母に、漫画を読んでいるふりを していた耕太は声をかけた。死に物狂いで何とか証拠隠滅をしたが、内心も足腰もガクガクしている。
「そうかもね。なんだか身体もだるいし……っ」
母は突然、なんとも言えない気持ち悪そうな顔で下半身 をもぞもぞさせ、トイレにかけこんだ。
耕太はそれを横目で眺め、下着のせいだと察した。
 苦労して母をソファーまで運び、ちゃんと服を着せておいたが、濡れた 下着はヘタに新しくするのも変に思われると、そのまま汚れたものをつけておいたのだ。
(あー、よかった……)
 なんとか誤魔化せたと、耕太は身震いする。そしてあの神社には二度と 行くまいと決心した。
 昔はやったコックリさんだって、呼ぶのは簡単でも帰ってもらう時が難 しいらしい。
お狐さまにお帰り頂くのは、気持ちよかったが重労働だった。

****

(やだわ、どうして……)
 洋式便座に腰掛け、恵美は困惑する。
 昨夜、夫に勧められて、いつもは飲まないお酒に付き合ったせいだろう か。台所にいたはずなのに、ソファーで熟睡しているし、耕太が帰って来たのにも気づかなかった。
 おまけに下半身に違和感を感じ、トイレに駆け込むと、膣から信じられ ないほど大量の精液が零れおちてきた。
「んっ……く……くふっ……」
下腹に力をこめると、濃厚な白濁液は後から後から溢れ 出てくる。
膣内に納まっているだけでなく、奥の子宮口からも、と ろとろと滴り続けている気がした。
ポチャポチャと水音をたて、大量の精液が排泄されてい く様は、どこか卑猥だった。もちろんその排泄液には、恵美自身が溢れさせた膣蜜が大量に混ぜあわさっている。視覚からの刺激と大量の精液 が膣を流れ降りていく感覚に、便座に腰掛けたまま身体中が震えた。
「あふ……ふ……ぅ……」
 零れる声を必死に押し殺す。リビングには息子がいるのだ。
(あの人ったら……子どもは一人にしましょうって決めたのに)
ほろ酔い加減になった昨夜は、いつになく激しい営みを してしまったが、夫が避妊具を付けたなかったのにも気づかなかったのか。
幸いにも安全日だったが、どうも腑に落ちない。
昨夜の精液が、今頃出てくるなんて。しかも常識的に有 り得ないほど、こんなに大量に。
おまけに膣穴は、未だ極太の性器を咥えこんだように、 じんじん疼いている。ついさっきまで、激しい性交をしていたと言わんばかりに。
(……変よねぇ)
 首をかしげて考えるが、やはりどうしても解らなかった。もやもやと不 思議で、少々薄気味悪い。

こういう時にピッタリの表現をあげるとすれば……そ う、まるで狐につままれたような気分だ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

若道

オカルトティックな余韻を残した終わり方好きです。
こういうストーリーの場合、明確な結末より、含みをもたせた
曖昧な結末が読み手の空想力をさらに刺激してくれますよね。

面白かったです。

SAYA様にもメールしたのですが、是非一度、ノンエロのどんでん返しサスペンス書いてください。
うさメープル様の構成力なら読み応えのあるストーリーになると期待してます。機会あれば是非!
by 若道 (2014-04-05 08:31) 

うさメープル

>若道さま
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。
どんでんがえしサスペンスですか!見るのはとても好きなのですが、はたして自分に書けるかどうか……光栄なお言葉をありがとうございます!
また挑戦できましたら、ぜひ宜しくお願いいたします^^

by うさメープル (2014-04-08 09:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: