So-net無料ブログ作成
検索選択

宣伝「お母さん美津子 身代わりの乳噛み酒」4/23日販売予定

いつもお世話になっております。
鞘でございます。花粉症シーズンももうすぐ終了でしょうか。鞘は恐ろしいまでの花粉症のくせに外でトレーニングとかするのが結構好きなので、この時期は鬱積しますね。「もういいかな」と思い切ってマスクを外して出歩いたところ、帰ってきたらグズグズで…
ゴールデンウィーク過ぎまで待つしかないかなと思っています。

さて前ふりは置いておいて。新作の宣伝をさせて下さい!
こんな感じです。
chichikamisample01.jpg

お母さん美津子 身代わりの乳噛み酒 」
夫の海外赴任を機に一時的に夫の実家に身を寄せていた美津子さん母子。
親戚筋であれば何かと便利であろうという安易な理由だったが、それが命取りになるとは。
何故ならそこは表向きは、普通の町に見えるがその実情はかつての陰鬱な風習が世代を超えて残っている事実上の「ヤバい村」だったからである。

「お母さん…助けて…」

掟を破ったために制裁を受ける息子。何とかそれを阻止しようと交渉する美津子さん。
息子を救う唯一の方法は母親が息子に代わってけじめをつけること。
つまり、息子のクラスメートの序列に準じて、母親の身体を全て差し出すことであった。
母親が息子の身代わりに差し出す豊満な肉体と体内で熟成された母乳。
これは現存する村の風習「乳噛み酒」といわれている。

「言うことは何でもきくから、息子にはもう手を出さないで。」

身代わりの集団レイプが始まる。


ストーリー83枚(差分込み)
◯ストーリー無し基本画24枚
サイズ1697*1200
◯おまけサンプル(100枚)

chichikamisample03.jpg
chichikamisample02.jpg
chichikamisample04.jpg
chichikamisample05.jpg
chichikamisample06.jpg

要するに「村の掟」で、息子のクラスメートに陵辱される美津子さんの描写です。
最初はしくじって虐められていた側のヒカル君も味をしめて母親を犯す側に転じて行くという話。
「乳噛み酒」というのは母乳をすぐに外に出さず、母体の中で寝かせておくことで熟成してできる発酵物という設定です。

美津子さんものを手がけるにあたって、今まで試行錯誤は繰り返してきたつもりなのですが、絵は綺麗になっていってるはずですし、質も上がっているはずなのですが、そのぶん「美津子さんらしさ」が弱くなっていくのでは?という懸念をずっと持っていまして。今回はテスト的に2種類の絵をブレンドしています。

また、シナリオライターは明日葉様という新しいライターさんで。うさメープルとはまた違った味を出してきていると思います。ご興味いただければ是非とものぞいてやって下さい。

以上、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。